親の知らない娘の話~新たなるステージへ

まみっちです。

日曜日、バレーの引退試合がありました。

保護者の方々とも、顔見知りでお話もするんですが、
あるお友達のパパさんから

「娘さん熱下がりましたか?」っと聞かれ、

私は「???、熱あったんですか??」っと何とも間抜けな返答。

〈スポンサードリンク〉



そのパパさんの娘さんから聞いた話によると、土曜日には熱があり、
遠征で試合に行った先でも辛そうにしていたと。

・・・全然聞いてないんですけど。

土曜日は帰宅が遅く、帰るなり「おなか空いたー」っと言って、
夕食をモリモリ食べていたけど・・

もし、熱があるなんて私が知ったら、試合に行くのを止められるかもと思ったんですかね??

でも、実の親が知らないことを、お友達のパパが知っているなんて、ちょっと恥ずかしかったですよ。

また、昨日は中3の保護者会だったんですが、そこでも・・

「まみっちさん。日曜日はお疲れ様!!
娘ちゃんがインスタグラムで送ってくれた動画、娘から見せてもらったんだけど、良く出来てたね!!感動した!」っと。

私は「????」それは一体何の事ですか状態。

聞いてみると、今までのクラブや日常の様子から、最後の引退試合まで、撮り貯めていた動画を編集し、音楽もつけてインスタに上げていたのだと。

私「いやいや、それうちの娘じゃないでしょう??そんな事出来ないと思うよ?」

お友達ママ「いやいや、娘ちゃんだって。結構得意らしいよ!帰ったら見せてもらったら?感動するって!」っと。

クラス会が終わったあとも・・

ふいに「まみっちさんですか?私○○の母です。娘がいつもお世話になって・・」っと話しかけられ、日頃から仲良くさせて頂いている娘のお友達のお母さまでした。

会話の中で、昨年の文化祭の時、そのお友達の当時小学6年生の弟くんと遊んであげたみたいで、その弟くんもうちの娘が大好きだと言っているとのことを聞かされました。

最近、立て続けに、私の知らない娘の話を聞かされる事があり、
昔は娘の事100%知っていたのに、最近は知らないこともあるんだなと少し寂しく思いました。

っと同時に、親に心配かけまいと言わないことがあったり、いつの間にか親が出来ないことが出来るようになっていたり、小さい子にはお姉さんのように接する事が出来るようになっていたんだと、成長を感じました。

動画の編集とか音楽付けるって、簡単な事じゃないですよね~?
いつの間にそんなことが出来るようになったんだろう。
母はインスタグラムさえよく分からないというのに。

娘が小6の男の子と遊んだと言う話も、にわかには信じ難い。
家ではなんでも面倒くさいとか言って、ゲーム以外動かないのに・・
男の子の喜びそうな事を考えて、気を遣ったんだなと。

〈スポンサードリンク〉



日曜日の夏季大会の予選。
3試合やって、1試合しか勝てませんでした。
結果、この日が、中学バレー部として最後の日となりました。

最後の試合が終わってから、ずっと、涙腺緩みっぱなしの娘たち。

最後の円陣を組んで、顧問の先生がPCで思い出の写真や動画を編集して頂いたものを見せてもらったり、後輩の子たちからお別れの挨拶やプレゼントをもらい、引退する中3の子達が一人一人自分の言葉でお別れと感謝を伝え、先生も子供たちも涙でぐちゃぐちゃになっていました。

高校でもバレーを続ける子たちは、早速今週から、
高校バレー部の練習に参加となります。
中学で部を辞める子と顧問の先生は、クラブで会うのは今日で最後です。

名残惜しくて、みんな帰ろうとしません。
思い思いに写真をとったり、ハグをしたり・・
今度、日を改めてお疲れ様会をやると約束して、やっと解散しました。

中学に入学した時には、なかなかクラスになじめず、
疎外感を感じていた娘。
しかし、クラブに入った事で、部のみんなと仲良くなり、いつのまにかクラスでも友達がたくさん出来、困難に立ち向かいながら切磋琢磨し、励ましあい共に成長した娘たち。
クラブに入らなければ、辛いことも、楽しいことも
何も知らなかったんだろうな。

クラブに育てられ、クラブのみんなと共に成長したキラキラした3年間。子供の宝物です。
本当にこの中学に入れて良かったです。
そしてバレー部に入って本当に良かった。

うちの子はバレー命なので、高校でも部活を続けます。
クラブでは一足先に、高校バレー部に入ることになります。

あとは、1学期最後の通知表で内部進学が出来るか決まります。
期末テストまでは、もう1ヶ月を切りました。

勉強のことはもう知らん。
言ってもやらないし・・

娘が自分で考えて、後悔しないようにやってくれれば良いです。
なんか、悟りの境地にいるまみっちでした。

〈スポンサードリンク〉



The following two tabs change content below.
mamicchi

mamicchi

まみっちです。 なんとか内部進学出来ることになりました。 高校生になっても心配は尽きないと思いますが、猫ブログとお笑い番組に癒されつつ頑張ります。ブルゾンちえみが出る番組は見逃しません!
mamicchi

最新記事 by mamicchi (全て見る)