個別受験相談

先日、個別受験相談に行って来ました。
一番聞きたかったことは
「第1希望の学校を諦めるまでのタイムリミット」
現在、一番入りたい学校へはあと8ポイント位偏差値が足りていません。
しかしながら、近づくべく努力すら見せない娘。
現在、上位校日特へ通っているのですが、早く切り替えて第2希望の日特を受けたほうが良い気がするのです。
1月のお試し受験はするつもりですが、進学する事はないと思うのでやはり2/1~3の間で決めないといけない。
そうすると午前、午後受けたとしても、合計6回。しかもどの順番で受けるかも非常に重要。
2/1に合格貰えてないと、精神面的にも非常にきついらしい・・
とすれば、あまり希望の持てない学校を受験するよりも、第2希望の学校を複数回受験させたいのです。
〈スポンサードリンク〉



(W出願も出費がかさむし・・)
しかし教務の先生からは意外な言葉が・・
「諦めなくてもいいんじゃないですか?私は受けても良いと思いますよ。」
ですって・・
ここぞとばかりに、自宅での今の様子を話してみましたが、
「エンジンかかるのは人それぞれ。塾ではちゃんとやってますよ。休み時間もメモチェやってますし。」
『えっ?本当ですか?』
「それに少数ですが、毎年それ位の偏差値でも合格者は出ていますし・・」
と日能研の資料を見せて下さいました。
確かに合格者は出ている様です。
『この子達は、どの様にして合格されたんでしょうね?』
「過去問をやり込みました。しつこいくらいに粘り強く。」
併願校や受ける順番も相談しましたが、意外に強気なご提案。
安全校として受験予定にしていたところも受ける順番を替えれば必要ないかもとか、同日に午前、午後と同じ学校を受けるとか・・
さすが日能研。長年の経験と情報量の違い。恐るべし・・
そうなると、また振り出しに戻りました。
娘になんとか勉強してもらわないと・・
あれっ?塾では勉強してるって先生言った??
休み時間にメモチェやってるって??
娘はそういう事一切言わない人。
家でももう少し勉強して欲しいと切に願う母でした。


にほんブログ村

The following two tabs change content below.
mamicchi

mamicchi

まみっちです。 なんとか内部進学出来ることになりました。 高校生になっても心配は尽きないと思いますが、猫ブログとお笑い番組に癒されつつ頑張ります。ブルゾンちえみが出る番組は見逃しません!
mamicchi

最新記事 by mamicchi (全て見る)

“個別受験相談” への1件の返信

コメントは受け付けていません。