不登校 要望書の提出

まみっちです。

今回も↓の続きです。

不登校 我慢の限界
まみっちです。今回も↓の続きです。 先月の9月27日(水)から10月7(土)まで連続して10日間学校に通うことが出来たんです。このまま、不登校は解決かなと思いました。でもね、体育の日で...

 

前回、担任の先生に相談した時は、問題を確認した当日に勢いのまま学校へ行ったので、自分の感じたままを話しましたが、あまり上手く伝わらなかったかもしれません。 今回は先生の都合もあり、翌日となったので時間があります。 当日の時間短縮と、こちらの伝えたい事を完璧に近い状態でお伝えする為に、現在までの状況とどのように対処して欲しいのか要望書を作成することにしました。 翌日、約束の時間に私と夫で学校へ向かいました。 対応してくれたのは、担任の先生と学年主任の先生です。 まずは作成した書類を読んで頂きました。 状況書には時系列に、何が起こったのかを記載。 その他は、娘はクラス内で一人ぼっちで、居場所がないと思っていること。 我慢の限界を迎え不安定なので、しばらくお休みさせる事を記載しました。

〈スポンサードリンク〉

要望書には、 ①きっかけとなった3人のお友達について。 何故、新学期早々に仲間外れのようなことになったのか? もし娘に原因があるのなら、謝罪して解決したいこと。 3人に聞き取りをして、仲直りの道があるのならその場を設けて欲しいこと。 ②それが叶わなければ、他のグループで娘を受け入れてくれるグループを探してほしいこと。 ③何か分かったら、こまめに連絡が欲しい事。 この3つを書きました。 夫には「②はないでしょ。それは先生がやることではなく、子供自身がやることだ」と言われました。 確かにそうです。 しかし娘はいくつかのグループに声をかけて、やんわり断られたという経緯があります。 さすがにもうこれ以上怖くて声掛けは出来ないでしょう。 3人以外にも断られて、現在不安定なのです。 どこかのグループが声掛けしてくれないと、娘は学校に戻れないかもしれません。 私の要望は、3人の所に戻れるようにしてもらうか、新しい受け入れ先を模索して頂くか。 このどちらかなのです。

〈スポンサードリンク〉

夫にも求めすぎではと言われましたが、この際ずうずうしいと言われようが、モンスターペアレントと言われようと、どうでもいいです。 娘が学校に戻れるには、どちらかが必須だと思ったのです。 約1時間半の面談で、こちらのお願いしたい事は分かって頂いた様で、状況が変わり次第ご連絡頂ける事になりました。 たまたま、翌日にいじめに関する講演会が学校で予定されていたので、 その後に行われる全校アンケートの中に 「教室内でいじめを見聞きしたことがあるか?」や、 「あなたの身の回りで何か気になることや、心配なことはあるか?」 という質問があるので、まず娘のクラスのアンケートから、クラスが今どういう状況なのかを調べてみて下さるとおっしゃって下さいました。